『KOYABU SONIC 2014 FINAL』最終日に新垣隆さんが登場! 佐村河内守氏扮する今別府、野々村議員扮する千鳥・ノブ小池とコラボ

1g7a3559

9月13日(土)~15日(月・祝)、インテックス大阪5号館で開催の『KOYABU SONIC 2014 FINAL supported by uP!!!』。ついに最終日の9月15日(月・祝)、アーティストのトップに新垣隆さんが登場しました。会場は、朝から駆け付けた多くのお客さんでいっぱい。小籔は「今回、お招きさせていただいたのは、現代音楽を広めようとされている姿に、僕も新喜劇を広めようとしているのでシンパシーを感じること、そして現代音楽という本当にすごいジャンルを知っていただきたい。そして何よりすごく才能のある方だということを分かってほしい。あの"髪の毛の長い人"の一部ではないんだということを、広く知っていただきたいというのが半分。あと半分は『呼んだらお客さんが来るんちゃうか』という考えもあります」という小籔にお客さんから拍手が。小籔の「皆さん、目を凝らして、耳を凝らして聴いていただきたいと思います。 えげつない人が来てくれました! この方です、どうぞ!」という呼びかけのあと、新垣さんがステージに!お客さんから大きな拍手が起こりました。

ステージではコヤブソニックのために準備したという『新垣隆 現代音楽即興ソロ・ピアノ』、『新垣隆・吉田隆一により現代音楽即興デュオ』さらに、週刊文春の依頼で作ったという『交響曲HARIKOMI』の3曲を披露。演奏後、拍手がなかなか鳴りやまないほどの盛り上がりを見せました。小籔とのトークタイムでは、「新垣さんは本当にいい人。悪い人にそそのかされただけ。これが僕の個人的な感想です」というと、お客さんからも小籔に賛同するかのように大きな拍手が。トークが盛り上がったところで、佐村河内守氏に扮した今別府直之がステージに登場!新垣さんの隣に並び、「お久しぶり」と新垣さんに声をかけました。

これには新垣さんも苦笑い。続いて今別府が「ごめん。天地神明に誓ってごめん」と新垣さんに謝罪。小籔が「(今別府が)どうしても新垣さんの前でこの格好をやらせていただきたい、と。大丈夫ですか?」と尋ねると、「ありがたいです」という新垣さんに、お客さんから笑いと大きな拍手が。「こんなんされて『ありがたい』って言うからだまされるねん!『嫌です』と言ってください」と小籔にツッコまれていました。

さらに、貴重な記念に新垣さんと今別府の2ショットを撮影。そんなところに、野々村議員に扮した千鳥・ノブ小池が乱入! 「このくにをぉぉ~!!」とさんざんモノマネしたあと、「これ絶対いらんやん! この時期の野々村は絶対におもしろくないやん」とノブ小池。さらに「コヤブソニック3日間やってきて、ノブの野々村議員のモノマネは唯一の失敗」と自虐的に語り、お客さんを沸せていました。

1g7a3422

出演終了後の囲み会見は、新垣隆さんと小籔、さらに佐村河内守氏に扮した今別府、野々村議員に扮したノブ小池が出席。

新垣さんはコヤブソニックに出演した感想を、「ステージに立たせていただいたことは本当にうれしい気持ちでいっぱいです」と語りました。今別府、ノブ小池と舞台で共演したことは、「私は本当ならば本物と一緒に謝らなければいけない立場の人間なんですが、こういう形でお笑いにしていただいたということは、個人的には非常にありがたいことでした。そういう意味でも感謝しております」と語りました。

その言葉を受けて今別府は「"天地神明に誓って"光栄でございます」。と、あの会見をオマージュした発言!? 続いて小籔に「新垣氏を?」と尋ねられ、「新垣氏を......もう訴えません!」と答え、「そらそうや!」とツッコまれていました。

野々村議員のモノマネを披露したノブ小池は、「まさか、野々村議員のモノマネをすることになるとは。野々村議員に関しては、ちょっと話題が古いじゃないですか。それを今やるって、一番古いと思います」と語り、記者陣を笑わせていました。さらに「東京の芸人さんがしこたま(ものまねを)やりまくったあとに、このあまり似てないやつをやらすという小籔さんのイジワルさ。これは優しさでもなんでもない。後輩をスベらせようとする、ただのイジワルです」とノブが訴えると、小籔も「愉快犯です」とイジワルを認める(!?)発言。「でも、新垣さんと同じ舞台に立てて、光栄でした」と語りました。

1g7a3508

小籔は、「もともとは『BAZOOKA!!!』(BSスカパー!)で新垣さんと対面させていただきました。僕も全然知らなかった現代音楽というジャンルの内容についてお話を聞いたり、現代音楽のVTRを見たときに『こんな芸術に特化した先進的で前衛的な音楽のジャンルがあったのか』と。それをやっているのが新垣さんで、インタビューさせていただいたとき、すごく控えめで自分のことを高く言わず、低く見積もって言うような方。上品で控えめで、でもちゃんとピアノをされていた方です。子供の頃から神童といわれ、中学のときからプロの方と舞台に出たり作曲活動をされていて、『こういう方やったんや』と知ったときに、『世間は(あの騒動で)一緒くたにされているところがあったな、ちゃうのにな』と思いました」と新垣さんの印象を語りました。さらに、新垣さんをコヤブソニックに呼んだ理由を「現代音楽のジャンルを広めようとされているところに、僕も新喜劇を広めようと東京に行っているところがあるので、自分の好きなもの、お世話になったものを広めようとしている姿勢にシンパシーを感じました。それのお手伝いをできたらな、というのが半分です。あと半分は、こんだけピアノがうまい人で、こんだけ話題になった人であれば、コヤブソニックに呼んだらお客さんが来るやろうし、記事にもなるから、ええ宣伝になるな、というのが正直、半分です。主宰者としてソロバンを弾かさせていただきました」と語りました。

1g7a3461

新垣さんの演奏については、「新垣さんの独奏は拝見したことがあるんですが、今日はデュオや管弦楽団の方々と演奏して。自由にアドリブを入れながらやられているというのはすごくよかったですし、こういう感じのピアノ演奏者が出ているフェスというのも本当になかなか少ないと思います。オンリーワンのフェスを目指してきた僕としては、新垣さんに出ていただき、話題性、おもしろさ。ノリもすごく、そのへんの芸人よりもよかったです。また演奏も、若い女の子たちがうっとりできるような演奏でよかった。何より、うちの子供もコヤブソニックに来ていますので、ああいう上質な音楽を聴かせることができてよかったです。ありがたかったです」と語りました。

さらに、今別府、ノブ小池とのコラボについては「今別府が佐村河内氏をして、この2人で成立するところにノブに野々村議員になってもらえたらいいなと。ちゃんとしたお笑いなら新垣さんと今別府で完結させたほうがいいんです。ただ僕も"現代お笑い"というちょっと前衛的な部分も入れて。新喜劇をやりながらでも"現代お笑い"みたいなところを出したいので、ノブのあまり似てない野々村議員というちょっと遅めのコラボを。『いらん、いらん』というのもやりたいと思ったので。それに、ノブやったらうまいことツッコんでくれるんじゃないかなというところでやらせていただきました」とコラボを考案したいきさつを語りました。

1g7a3494

小籔の話を受けて、「本当にありがたいという気持ちでいっぱい。いろいろと考えていただいて、このような機会をいただいているわけなので、今後もなるべく音楽の活動で皆さんに応えていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。本当に貴重な機会をありがとうございます」と新垣さん。小籔は「いや、こっちのほうがだいぶ得してます。なんやったら新垣さん、コヤブソニックに出てちょっと損ですから。よう出ていただきました」と改めて感謝の気持ちを伝えました。

質疑応答では、新垣さんに「今別府さんの、佐村河内氏の完成度はどれぐらいですか?」という質問が。新垣さんが「一瞬、ドキッとしました。ちょっと逃げ出しそうになりました」と答えると、小籔や今別府、ノブも爆笑。「お笑いはお好きですか?」と尋ねられた際は、「はい。お笑いはもちろん大好きです。まったくミーハーなファンなので、今日もこれからも楽しませていただきたいと思ってます」とコヤブソニックをエンディングまでじっくり楽しむことを打ち明けました。

続けて新垣さんに「(コヤブソニックは)出演者同士で2組が結婚し、寿フェスとも言われているんですが、新垣さんはどうですか?」という質問も。小籔に「うちの宇都宮まきとかどうでしょうか?」と薦められた新垣さんは、「そういうのもあったらいいなと夢を見てます」と控えめに答えていました。

また、コヤブソニックに出演を決めた経緯を聞かれた際は、「BSのテレビ(『BAZOOKA!!!』)でお声かけていただいて、あのような状況の中で呼んでいただいたこと、さらに内容を私の専門で、ベースとしているものを取り上げてくださったので、2つの意味でありがたくて感謝していたんですが、さらに今回のお話をいただいて。言葉にならない気持ちです。本当に感謝しています」と感激の気持ちを語りました。

また、コヤブソニックで披露した3曲についても質問が。「ラストの曲は文春の依頼で作ったものですが、それ以外の2曲は本日のために準備をしております」と、コヤブソニックのために作った曲であることを明かしました。

現在の活動については「演奏したり譜面をかいたり。それをずっとやっています。今は大学の講師はやっていません」とのこと。

「今回のご縁でバラエティの出演は?」と尋ねられた際は、「自分はあくまでも音楽家ですので、やはり生のステージに立つということでやっていきたいなと思っています」と語りました。

新垣さんのステージ直前にパフォーマンスを披露した渡辺直美のビヨンセについては、「すばらしかったです。圧倒されて、自分がどう出て行ったらいいのかとプレッシャーでした」と新垣さん。「渡辺直美のことも認めていただきました!」と小籔もうれしそうでした。

「今後のライブで、今別府さんをゲストに招くことは?」という質問が。小籔も新垣さんに「こいつを呼んでいただいたら、交通費と弁当1個だけで行きますよ」とおすすめすると、「検討してみたいと思います(笑)」と答えて笑いを誘っていました。

  • 投稿日: